生体機序論

生体機序論は2017年4月から始まった新グループです。

Japanese / English

■■ 研究 ■■

生物は 生体内のプログラムあるいは外部からの刺激に応じて、 細胞および個体レベルでその機能や形態を変化させることにより、 細胞増殖・分化・発生・再生などのさまざまな生命現象を制御しています。 そのような制御を破綻なく行うためには、 細胞内外のさまざまな因子が適切に機能し、 かつそれらがシグナルのやり取りを介して有機的に連携・統合されることが必要です。 本講座では、神経軸索再生や細胞増殖などを制御する分子機序とそのシグナルネット ワークについて、 線虫および培養細胞を用いた分子生物学的な解析を行っています。

 

■■ 内容 ■■

研究室の紹介
Members :メンバー

Publications: 発表論文

Schedule : 研究室の日々(研究室配属希望者向け)

Contact : 住所および連絡先


各グループの紹介
C.elegans Group

Mammal Group


リンク
Biological Science : 生命理学ホームページ

Nagoya University : 名古屋大学ホームページ